4月 182016
 

Azure CLI とは

公式より引用

Azure コマンド ライン インターフェイス (Azure CLI) を簡単にインストールすると、コマンド ライン シェルからオープン ソースのコマンドを使って Microsoft Azure 上のリソースを作成したり管理したりすることができます。いくつかの方法があります。提供されているいずれかのインストーラー パッケージを使用してオペレーティング システムに Azure CLI をインストールするか、Node.js と npm を使って CLI をインストールするか、Docker ホストのコンテナーとして Azure CLI をインストールします。その他のオプションとバックグラウンドについては、GitHub のプロジェクト リポジトリを参照してください。

セットアップ

パターンは 3 つ

  • インストーラーパッケージを利用する
  • node.js と npm を使ってインストール
  • Microsoft が用意してくれている Docker image を利用する

普段使っているコンテナが CentOS 7 なので、そちらにインストールした

前準備

node.js と npm 入れておく

Azure CLI インストール

インストールは簡単(用意されている Docker image 使ったほうが速いはずだけど)

確認してみる

Azure CLI を使ってみる

ブラウザも使うので注意する(恐らくコマンドラインだけでは完結しない?)

Azure にログインする

ここでコンソールが止まるので、上記の通りに従って、https://aka.ms/deviceloginをクライアントのブラウザで開く

コンソールで「Enter the code XXXXXXXXX」と記載されているコードを入力する

Microsoft Account でログインする

完了したらブラウザを閉じる

そうすると、先ほど止まっていたコンソールが動き出し、ログインした Microsoft Account に紐付いている Subscription が表示される

アカウントリストの確認

カレントアカウントのセット

Name でも ID でもセット可能

Virtual Matchine

V1 の情報取得

V2 の情報取得

これ、別で取るしかないのかな…

参考


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">