5月 232016
 

引数を受け取るための宣言方法と使いそうなパラメーターの備忘録

パラメーターの属性

基本的な書き方

引数は Param 属性を使用して宣言します。

複数のパラメーター属性を設定するときはカンマで区切ります。

引数を必須にする

パラメーター属性に、Mandatory を宣言します

パイプラインから引数を受け取る

引数の型を宣言する

String 型で宣言

Int 型で宣言

Datetime 型で宣言

String 型の配列で宣言

Switch 型で宣言

引数に初期値を設定する

リテラルで設定する

コマンドレットで初期値を設定する例

セパレーターなし今日の年月日をデフォルトの引数にする例。

検証属性

受け取るパラメーターの数を制限する

1~5 個のパラメーターを受け取る例。

受け取るパラメーターの文字数を制限する

1~5 文字の制限をかける例。

受け取るパラメーターの数値範囲を制限する

1~5 で制限をかける例。

決められたパラメーター以外は弾く

Low, Middle, High 以外は弾く例。

Null を通さない

Null や値が空は通さない

受け取るパラメーターを正規表現で制限する

3 文字の数値 + 半角ハイフン + 4 文字の数値のみ通す例。

バリデーションスクリプトをかける

ファイルの存在チェックをかける例。

参考


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">