3月 202016
 

最初に少し設定をする必要があります。ここでは PowerShell を管理者モードで起動して作業を行います。管理者モードでの起動の仕方は次の通りです。

  • メニューから Windows PowerShell を探す
  • Windows PowerShell を右クリックして 管理者として実行 を選ぶ

PowerShell を管理者で実行する

PowerShell の実行ポリシーについて

PowerShell の初期値は、PowerShell スクリプトファイル(拡張子が .ps1)を実行することはできません。これは Windows の過去の歴史によるもののようで、TechNet のコラムにもありました。このままでは保存したスクリプトファイル(プログラム)を実行することができないので、スクリプトとして利用する際には実行ポリシーを変更する必要があります。

TechNet: about_Execution_Policies にも次の記載があります。

既定のポリシーは “Restricted” です。

Restricted – 既定の実行ポリシーです。
– 個々のコマンドは許可されますが、スクリプトは実行されません。 – 書式設定ファイルと構成ファイル (.ps1xml)、モジュール スクリプトファイル (.psm1)、および Windows PowerShell プロファイル (.ps1) を含む、 すべてのスクリプトファイルの実行が禁止されます。

デフォルトでは、コマンドは OK だけど、ファイルにしてのスクリプトは NG ということですね。

現在の実行ポリシーの確認

上記例では規定の実行ポリシーの Restricted となっています。

実行ポリシーの種類と変更のコマンド

PowerShell を管理者モードで起動して作業を行います。

ファイルからの実行を許可する(セキュリティポリシーの変更)

PowerShell を管理者モードで起動して作業を行います。

ポリシー絡みのエラー

実行ポリシーの変更を一般ユーザーで行うと出るエラー

実行ポリシーを変更せずにスクリプトファイルを実行すると出るエラー


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">