6月 022014
 

この 2 年とてもじゃないけど色々試す余裕が心身共になかった。何度会社を辞めようかと思ったことか判らない。

この歳になってすり減らされるのはキツイ。
最近、やっと少しだけ余裕が見えてきた。周りでは当たり前のように使われている
vagrant と puppet を触ってみたいと思っている。

まず必要なのは VirtualBox と Vagrant。 インストールは yum からでも、下記公式サイト
どちらからダウンロードしてインストールしてもいいと思うけど、yum でインストール
できるのが若干古いので、公式サイトからダウンロードした。

1. VirtualBox と Vagrant のインストール

ORACLE VirtualBox のサイトよりダウンロードしてインストールした。

2. Vagrant で仮想マシンを作る

Vagrant は仮想環境の自動構築、自動破棄ができると後輩たちから聞いている。
これは楽ちんだなー 全員の環境同じにとか簡単にできそうだ。
ちょっと触った感じだとこんな感じの特徴があるのかな?

  • ディレクトリごとに使い分ける
  • OSイメージを box と呼ぶらしい
  • 一度 box
    をダウンロードしたらキャッシュして、何度もダウンロードしない
    \~/.vagrant.d/ にキャッシュされる
  • クライアントが Windows でも OK

後で Puppet を試したいので、Puppet Labs が配布している Ubuntu 13.10
Server を使ってみることにした。

http://puppet-vagrant-boxes.puppetlabs.com/ まず、vagrant init で
Vagrantfile というファイルを作るようだ。

これでできた Vagrantfile がこちら

使用する box の指定を vagrant init で行ったら、次に box
のダウンロードと仮想マシン作成と起動を行うのが vagrant up。

3. Vagrant で作った仮想マシンに接続する

作成した仮想マシンに接続するには vagrant ssh と叩く。

実はなぜか一回目起動しきれなかったので、停止削除をして作りなおした。

とりあえずこんなとこかな。


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">