7月 202014
 

Windows
でもあるよね。プライベートネットワークとかパブリックネットワークとかで、Windows
Firewall の設定を切り替えるの。例えば有線 LAN
ならホームネットワークで、無線 LAN
だとパブリックネットワークのように分けて、無線 LAN の時だけ Synergy や
IPMsg のポートを開けるとかそういった感じのやつ。

アレは Fedora でもできます!(当たり前か)

1.設定を開きネットワークを開きます

2.今回は自宅の無線アクセスポイントを設定します

赤枠の歯車マーク?のようなアイコンをクリックします

3.アクセスポイントの設定画面で Identity を選択します

4. ファイアウォールゾーンを変更します

ここでセキュリティゾーンを変更します。\
Fedora 20 では次の設定がデフォルトでありました。

  • block
  • dmz
  • drop
  • external
  • home
  • internal
  • publick
  • trusted

これはファイアウォールの設定で使うゾーンとなります。


  One Response to “Fedora 20 のネットワークのセキュリティゾーンを設定する”

  1. […] を Synergy を利用するゾーンにする 俺は自宅のネットワーク環境を home に設定している。 ゾーンの設定方法は Fedora 20 のネットワークのセキュリティゾーンを設定する に書いたことある。 […]

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">