1月 192016
 

明日(今日かな?)、社内での勉強会で kintone を紹介しようと思う

kintone の始め方

kintone 技術者になるために、まずは技術的な情報が受け取れるようにすることと、触ってみてなれるためにも開発者用ライセンスを取得するのが良いと感じる

kintone の始め方はこのページが詳しい

kintone でどのようなことができるのかを知る

頭がいい人は、いきなり開発ができたり、いきなり売れるようになったりすると思っているかもしれないが、そんなことはあるはずがなく、普通はそもそも手も頭も動かない

まずは紹介ページをみて、何ができるのかを知る事が良いと思う

公式の一番目立つ紹介ページがこちら

こちらのスライドも良いと思う

まずはチュートリアル的な

チュートリアルがあると最初のハードルが下がる

31 Mbyteぐらいある PDF なので注意が必要だが、順を追ってやっていくと何となく判る(はず

カスタマイズや連携できることを知る

チュートリアルが済むと、カスタマイズや連携ってどうするんだろう?と思うようになるはずです

Tips をみてカスタマイズのイメージを持ったり、サンプルを使って実際にカスタマイズを実感するのが近道と感じます

業務で使うイメージを持つために導入事例を見る

いきなり実践!よりは導入事例を元に想像を膨らませたほうが良いと思う

本当に業務で使うことが決まったら一通り通して読んだほうが良いだろう

1月 152016
 

開発者ライセンスを頂いたので kintone を始めてみようと思いましたが、

当たり前です! 俺はやりたいことがなくて、手段を目的にしてしまったので、 手が動かないのは当たり前ですw
調べたところ少し古いですがチュートリアルがありました さすが Cybozu さんです! わかってるー

このチュートリアルはとても簡単で、データ入力大量にしなければ 30 分ほどで終わると思います

一通りやることで、下記のようなノンプログラミングでできるところを実感できます

  • kintone の組織、ユーザーの管理
  • アプリ作成方法
    • アプリをはじめから作成
    • Excel ファイルからのアプリ作成
    • 用意されているアプリストアからの追加
  • アプリの修正方法(チュートリアルではカスタマイズと表記されている)
  • グラフの作成

俺にはまだ kintone を使う目的はないですが、なんか楽しくなってきましたw

1月 132016
 

kintone cafe 沖縄 Vol.4
http://connpass.com/event/23941/

後輩が社内 SNS に紹介していたんで、気晴らしに有給とってちょっとお邪魔してきた

少し触ってみて思った kintone のイメージは、周りと割と仲良くできる Lotas Notes という感じだった

折角なので少し触ってみてもう少し楽しみを見出してみたいし、社内の勉強会で紹介できたらな〜 とは思うけど、気力が持つかはわからない