3月 222017
 

今回訳あって Symfony 1.4 を触ることになり、手元で Symfony 1.4 を勉強する環境を作りました。

少し手こずったのでメモを残します。

前提条件

  • Hyper-V に CentOS 7.3.1611 をセットアップ済み
  • SELinux は disabled
  • firewalld は停止済み
  • Apache, MariaDB は導入済み

yum で必要なパッケージをインストール

root ユーザーで作業を行います

pear で Symfony をインストール

root ユーザーで作業を行います

Symfony のセットアップ

一般ユーザー(ここでは hoge さん)で作業を行います。

frontend_dev.php で IP アドレスを指定されている部分をコメントアウトしました

Apache の設定

root ユーザーで作業を行います

dev.conf は次の記述にします

Apache に設定を反映させます

動作確認

  • http://<ゲスト OS の IP アドレス>:8080/index.php/

  • http://<ゲスト OS の IP アドレス>:8080/frontend_dev.php/

参考 URL

10月 152015
 

あまり詳しい設定は書き記せないけど、さくら VPS で運用しているサーバーを CentOS 6 から CentOS 7 に上げた時のメモ

最初の大まかな予定

  • CentOS 6 から CentOS 7 へ移行
  • さくら VPS のプランを切り替えて SSD にする
  • ircd を立てる
  • znc を入れる
  • Ruby を入れておく
  • PHP を入れておく

Continue reading »

12月 252014
 

PHP のクラスで、プロパティを呼び出す際に $this->data と self::$data で違いがあるのか知りたくなったので試してみた。

検証環境

検証コードと実行結果

$this->data

検証コード

実行と結果

self::$data

検証コード

実行と結果

考察

もっと母数を増やしたり、オブジェクトを扱ったりしないと一概には言えない気がするが、静的にプロパティをコールして扱うとメモリの使用量は抑えられるが少し速度が落ちるということだろうか。

10月 312014
 

まずは Hello world

Hello world を表示してみる。

参考にさせていただいたサイトはこちら。 ありがとうございます。

heroku へログイン

Hello World のファイルを作る

git リポジトリをつくる

環境作成

deploy

動作確認

自動的にブラウザが起動する。

6月 032012
 

今更ながら Twitter bot を作ってみようかなっと思ったことと、前に後輩が出向に行っていた形態素解析って使ってみたいなっと思ったので、まずは気軽に使えそうな Yahoo API の形態素解析を使ってみた。 ちなみに Yahoo ID 必須。

1. 下記のアドレスから「アプリケーションIDの登録(無料)」を選ぶ

□日本語形態素解析

2. 実際に試してみる

3. 結果を var_dump する

簡単に試せるのでいいね。

7月 242011
 

よく判らないけど、GitHub 眺めていたら丁度探していたものを見つけたので使ってみた。

VisualPHPUnit

PHPUnit の Web 側インターフェース。
インストールはとても簡単で、ソースコードを Apache からみえるとこに置いて config.php を修正するだけ。

  • PHPUNIT_INSTALL を PHPUnit
    がインストールされているディレクトリを指定する
  • TEST_DIRECTORY を Unit Test コードがあるディレクトリを指定する
    あとはブラウザでアクセスすれば OK。