7月 252014
 

Synergy で Fedora Linux 20 側をサーバー、Windows 8.1
をクライアントにしたら動作がカクカクになってしまいました。もう使えないレベルでカクカク。

後輩に IRC で同様な現象になったことはないか確認したら、無線 LAN
だとなったので、諦めて有線 LAN
に切り替えたとのことで、色々と仮説を立てて変更していったら解決しました。

やったこと

  • Linux 側で IPv6 を無効にした
  • 念の為 Windows 側も IPv6 を無効にした

Linux 側を直すだけでスムーズになったけど、念の為 Windows
側も無効にしておいた。 どうせまだ IPv6 使わないし。

7月 212014
 

普段メインで使っているのが Fedora 、 Windows
マシンはサブで使っているのに、Windows マシンを Synergy
ホストにしてなんだかヘンテコだったから、Fedora を Synergy
のホストにすることにした。 この日台風で暇だったしね。

1. Synergy のインストール

折角なので、公式サイトから最新版 1.5.0
をダウンロードしてインストールしなおすことにした。Windows 8.1 も 1.5.0
にバージョンアップしなおした。

Fedora 20 は元々 yum でインストールできる奴を使っていたので、

次に、通常の yum でコンフリクトしないように、yum の設定を書き換える。
/etc/yum.conf を vi などのエディタで開いて、下記行を追記した。

2. ホスト側(Linux) の設定

メニューから開いてもいいけど、設定ファイルを /etc
の下に置きたいので、sudo で開く。

Synergy の設定を GUI で行って、File → Save Configration as …
を選び、/etc/synergy.conf に保存した。

3. クライアント側(Windows) の設定

メニューから Synergy のアイコンをクリックして GUI を開き、Client
にチェックを入れて、Server IP をホスト(Linux)の IP Address を入力。

4. Synergy !!

ホスト側、クライアント側の GUI で Start ボタンをぽちっとな!
これで普通につながった… ってないw

4.1. Synergy が繋がらない原因探し

考えたのは 3 つ

a. Windows Firewall で止められている b. Linux Firewall で止められている
c. Synergy の設定ミス

Windows Firewall を確認すると停止してましたw これは酷いww
というわけで、「a. Windows Firewall
で止められている」の線はなくなりました。

次に、Linux Firewall を確認すると、Synergy のポートがあいてない!

4.1.1 Linux Firewall で Synergy のポートを開ける

Fedora Linux のメニューから 諸ツール→ファイアウォールの設定 を開く

パスワードを聞かれるので入力すると設定画面が開く

  • 左上の「設定」を 永続 にする これにより設定が永続的となる。
    実行時 にすると今だけの設定となる。
  • 左の「ゾーン」を Synergy を利用するゾーンにする
    俺は自宅のネットワーク環境を home に設定している。
    ゾーンの設定方法は Fedora 20
    のネットワークのセキュリティゾーンを設定する

    に書いたことある。
  • 右の「サービス」から synergy にチェックを入れる

4.1.2 サービスタブに synergy が無いとき

恐らくあると思うんだけど、なかったら自分で追加することになる。

  • 左上の「設定」を 永続 にする
  • 左の「サービス」に synergy がないことを確認
  • 左下の 「+」 をクリックする
  • 名前を synergy を作成
  • 作成した synergy
    を選択、右の「ポートとプロトコル」の下にある「追加」をクリック
  • ポート 24800, プロトコルを TCP で追加する

これで追加できる。

5. Synergy !!

ホスト側、クライアント側の GUI で Start ボタンをぽちっとな!
これでつながった…

5月 152014
 

Windows マシンが壊れそうだったので、ノート PC を買いました。

DELL Inspiron 17R * CPU: 第4世代 Core i7 4500U * MEM: 8 GByte (DDR3L
1600MHz) * HDD: 1 TByte (5400 回転)

いつも通り、Synergy (今回は 1.4.17)をインストールして他の Linux
マシンとつなげようとしたら、このエラーが出てつながらない…

synergys.exe: no configuration available

普通にこんな感じで設定してたんだけど。

設定が探せないよってエラーっぽいよね。

✕設定をファイルに保存してみた

Synergy を起動して、[File] → [Save configuration as..] で保存。
とりあえずデフォルトで確か C:\Users\ユーザー名\Documents
の下だったと思う。 それでもエラーメッセージ変わらない。

✕Synergy を管理者で起動させる

アクセス権かな?っと思って、Synergy を管理者で起動させたりしたけど NG 。

手動で synergys 起動させる

設定ファイルを C:\Program Files\Synergy\synergy.conf に保存。
カレントディレクトリを C:\Program Files\Synergy
に移してから、次のコマンドで直接起動。

これだとつながる! 近くなってきた感!

✕設定ファイルを C:\Program Files\Synergy\synergy.conf に保存する

設定ファイルの保存場所の問題かーっと思って、インストールされたディレクトリに置いて起動したら
NG。エラーメッセージが変わった。

synergys.exe: unrecognized option
Files/Synergy/synergy.conf' Trysynergys.exe –help’
for more information. ERROR: failed to launch, error: process
immediately stopped

ここで気づいちゃいました。多分だけど。

「C:\Program Files\Synergy\synergy.conf」これのスペースで切れちゃってる… Synergy
内部でその辺りを配慮した作りになってないと予想。

◯設定ファイルを C:\soft\Synergy\synergy.conf に保存する

これで動きました。
どこかで直るだろうけど、恐らくこんな設定にしないと動かないんじゃないかな?

  • 設定ファイルに保存する
  • 設定ファイルのファイルパスに
    半角スペースマルチバイトが入っていると NG
2月 232014
 

設定するファイル /etc/lightdm/lightdm.conf をエディタで開く

最後の一行を追加した

7月 142013
 

前にも同じ事やったけど

今気づいたら、ログイン前に Synergyc が接続できてないww

編集するファイルが間違っていたらしく、 /etc/gdm/Init/Default に同じコードを追加したらできた。

7月 092013
 

自動起動のファイルは /etc/gdm/Presession/Default なのでこれを編集。

下記のコードを追記した。

6月 012013
 

自動起動のファイルは /etc/xdg/lxsession/LXDE/autostart なので vi 等のテキストエディタで編集。

下記のコードを追記した。